TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

ARTECのSE-DDB(Duo Drive Blender)を即買いレビュー!

   

duo-drive-blender

さて、先日中古でARTECのオーバードライブ、SE-DDB(Duo Drive Blender)を発見し購入してしまいました。というのもルックス的にはかなり昔より気になっており、かつ価格的には安いというのがかなり僕の中では高評価でした。

さて、このオーバードライブは僕のおすすめオーバードライブとなるか!とりあえず弾いてレビューをしてみましょう。

スポンサーリンク

ARTEC Duo Drive Blenderを弾いてみた

まずは評価・レビューをしてみました。

とりあえず弾いてみたときの感想として一目でわかるようにレビューしてみました。

歪みの大きさ ★★★☆☆
操作性 ★★★☆☆
ノイズの小ささ ★★★★★
音作りの幅 ★★☆☆☆
価格 ★★★★★
総合評価 ★★★☆☆

さて、うーん少しこれでも甘いかもしれない。というくらい少し期待はずれだったかもしれません。いやまぁ、他のエフェクターがランドグラフとかZendriveとかでもう気に入っている音があるのでそれに太刀打ちできる価格じゃないですから当たり前なんですけどね。笑

とりあえず、良いところは価格とノイズの少なさ。これは結構高評価です。メタルのケースなのに軽くて、かっこいい上にノイズが少ないのはあっぱれですね。

歪みの大きさは持っているエフェクターではランドグラフのDODと同じくらいの歪みでしょう。ディストーションとかファズまでは歪まないけどTS系オーバードライブよりかはしっかりと歪みます。

BOSSの超定番エフェクター、BD-2と似たような歪みでした。もしかしたらDuo Drive Blenderは真似をしたエフェクターなのかも。文字の色も似ているしね。

歪みの作り方は特徴的ですね。クランチとドライブの歪みをまぜる事ができます。これが結構大胆で期待はしていたのですが、あまり使いやすいとは感じませんでしたね。

一応弾いてみた感じでは下のように、クランチは弱めでHeavyは強めがいい感じの歪みになります。

duo-drive-blender2

クランチのほうはあまり上げられないですね。上げると音痩せが気になります。Heavyの方は良い歪みなので、上くらいのポジションでは結構優秀かも知れません。

ただ、音のレスポンスもやはりランドグラフなんかと比べてしまうと一歩劣っているので、それをカバーするような太い音のエフェクターの方が相性は良いと思います。まぁ要するにシングルコイルは合わないんじゃないかという事を言いたいのです。笑

さて、TONEとLEVELのノブですが、まずは下の画像を見てください。

duo-drive-blender3

TONEはこの画像(14時くらいの位置)よりも上げない方がよさそうです。なんかTONEのあがり方が独特で、高域の周波数のみいじっているような、なんとなく昔のゲームのようなチープなTONEのあがり方をします。

これ以上上げると飛び道具的なオーバードライブになりますね。

また、LEVELノブはそこまで大きくは変化しません。フルテンまで回してもうるさくはなりませんでしたので、最大まで回して使う事も可能です。LEVELによる音質の変化は見受けられませんでした。

実際にDuo Drive Blenderを弾いている動画を見てみよう

さて、実際に弾いてみるとどんな音なのでしょうか。実際の動画をみてみました。


うーん、なんとなく動画でも音やせしているように聞こえるのは僕だけでしょうかね・・・?多分この動画ではストラトとかのシングルコイルで弾いているので余計目立ってしまっているという状況になっているかもしれませんね。

他の動画でハムバッカーのギターで弾いている動画を発見しました。


あれ、こっちは結構良い音しているような気がしますね。というか少しノイジーな代わりに結構歪んでいます。まぁ、つかうならやはりディストーションに近いくらいの歪みで弾くのがこのエフェクターは気持ちいいのではないでしょうか。

まとめ

今回買ってみたARTECのSE-DDB(Duo Drive Blender)ですが、残念ながら僕のエフェクターボードには入らなそうです。

率直な感想として、音痩せが気になるからです。まぁ、いつも使っているギターがストラトなので相性が悪いような感じはしますね。もしもレスポールだったら入れてたかもしれない。

ちなみに、BD-2が欲しいって人やはじめてエフェクターを買うって人にはおすすめかもしれません。

理由としては、BOSSのBD-2のように音の幅は広く、結構深いところの歪みから軽いニュアンスまでをカバーしているので多彩な曲をやるという初心者にとっては最適かも知れません。

このエフェクターを買っても絶対後から欲しいエフェクターが出てきて買ってしまうのですから、他のエフェクターでお金を失ってしまうよりかはこちらを使っていった方がかなりコストパフォーマンスは良さそうです。

ただ、もうAmazonでは在庫が売り切れになっていました。悲しいなぁ、ARTECは他のエフェクターも気になっていたので、今度機会があったら弾いてみる事にしますね!

 - エフェクター選び , , , ,