ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

【2017年版】おすすめのディストーションペダル総まとめ!

   

osusume-distortion-main

本日も”Tone Dive“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@effector_guitar)です。

飽くなき歪み探求の旅。

エレキギターを演奏する者にとって歪みエフェクターは切っても切り離せない関係にあると思っています。

特にディストーション。僕はオーバードライブやファズのエフェクターも好きですが、とくにディストーションのような歪み方がめちゃくちゃ好きです。

ということで今まで弾いてきた or 弾いてないけど気になっている、おすすめのディストーションエフェクターを一挙ご紹介します。

おすすめはあくまで管理人の個人的な判断ですので、ご了承ください。それではいってみましょう!

スポンサーリンク

弾いてよかったおすすめのディストーション

ディストーション。かれこれ100個以上ディストーション エフェクターを買っては弾いたりしていたのですが、個性のあるものばかりでございます。。

「うわっ、これはいいディストーションだ・・・」と思うものもあれば「こんなんどこで使えるの?」というディストーションもありましたが、今回は弾いてよかったものを中心にご紹介していきたいと思います。

BOSS DS-1X

osusume-distortion-2

最初にご紹介したいのはBOSSのペダル。僕は前までBOSSのエフェクターはあまり好みじゃなくて避けていたのですが、これを弾いてからBOSSの見方がかなり変わりました・・!

「BOSS DS-1X」は初心者用のディストーションエフェクターとして「BOSS DS-1」を最新の技術で進化させたモデルになっています。

また、イコライザーもHigh,Lowの2バンドとなっており、かなり音の幅も広がっていますね。

元のモデルのDS-1よりもかなり音のツヤ・ハリがしっかりとしています。倍音部分がギラッとした音作りになっているので、ハードに歪ませたい方には外さないエフェクターになっています。

かなりハイゲインのディストーションですが、DISTノブを下げていってもディストーション特有のペチャッとした音にならずに音の芯を残したまま演奏ができます。

JC-120をがっつり歪ませるのにも相性が良いエフェクターですし、何より価格もそこそこ安いので、こちらは非常におすすめ。

JHS Pedals Angry Charlie

angry-charlie-1.jpg

次のエフェクターは「JHS Pedals Angry Charlie」です。

これはねぇ、個人的にはもう完璧に当たりエフェクター。2017年弾いてみたエフェクターで一番いい音しているディストーションといっても過言ではない。

僕はお借りしただけなので今は手元にはないのですが、欲しいエフェクターランキングには確実にランクインしています。

angry-charlie-5.jpg

JHS Pedals Angry Charlieはマーシャル系のディストーションエフェクター。もう少し詳しくいうと、モダンマーシャル系のサウンドをJHS Pedalsが独自に解釈して作ったディストーションです。

4ノブ構成でVolumeとDriveの他にToneとPresの2種類のイコライザーが付いているのですが、こいつらの変化幅は広いのにどのポジションでも気持ちいいサウンドが出るんです!

Driveも、下げても上げてもちゃんと音の解像度は保っているので、非常に使いやすいですね・・・

細かいレビューは別の記事でもしていますので、ぜひ参考にしてみてください!

Vivie Modern Raven

vivie-modern-raven-1

Vivie Modern Raven」は巷で有名な「Vivie」というメーカーが作ったハイゲインディストーションです。これもいい音するんだよなぁ・・・

Modern Ravenはコンパクトな筐体ながら3バンドのイコライザーを搭載。サイドにPresenceをいじるノブが付いています。

vivie-modern-raven-3

ハイゲインディストーションなのでかなり歪みますよ。笑 小さな筐体から出るとは思えないパワフルなサウンド。

名前の通りかなりモダンなサウンドだと感じますね。音の分離感をしっかりと感じます。他のディストーションに比べてギラギラしている音の印象がありますが、イコライザーを使って自分好みの音に変化させて楽しめます。

 

Middleノブの効きが結構良いので、ほぼ0の状態から少しずつ上げて調整するのが良いかと思います。普通のエフェクターには3バンドもイコライザーが付いていないので操作は少し戸惑うかもしれませんが、スイートスポットを見つけると離れられなくなるエフェクターです。。。

こちらのディストーションエフェクターも他のページでレビューしていますので、参考にしてください!

Goosoniqueworx Kult

goosoniqueworx-kult-9

これまたマイナーなエフェクターを持ってきてしまいました・・・・

BognerのEcstacy Redというエフェクターを知っていますでしょうか?僕はこのエフェクターがめちゃくちゃ好きなのですが、そいつと非常によく似た音を出すのがこの「Goosoniqueworx Kult」です。

もともとSeventh Heavenというエフェクターがあったのですが、そいつをさらにハイゲインにしたエフェクターだそう。

goosoniqueworx-kult-8

ノブはかなり多いですね〜!

Volume,Gainノブの他にはTreble,Bass,Middleの3バンドEQに加えてPresence / Feedbackノブがあります。Presence/Feedbackノブはノブの下にあるトグルスイッチで切り替えができます。

こちらもハイゲインなディストーションなので、ドンシャリサウンドからMiddleが出るハリのあるサウンドまでカバーしています。

左のスイッチでローゲインオーバードライブとしても利用ができるので、マイナーなエフェクターですがかなり音の幅が広いおすすめのディストーションエフェクターです!

Friedman BE-OD

friedman-be-od1

僕が弾いてみたディストーションエフェクターとして最後におすすめしたいエフェクターはこちらのFriedman BE-ODです。

FRIEDMANはアンプのメーカー。評価の高いBE-100というアンプサウンドをコンパクト化したエフェクター・ディストーションですね〜!

ノブはVolume,Gainに加えてEQがBass,Treble,Tightの3つ+Presenceの合計6つという構成。

Tightが少し特徴的で、ピッキングへの反応性とかもいじれるのですが、通常のオーバードライブのToneと似たような変化の仕方をします。

Treble,Bassは各域をブーストするような感じで、Bass,Trebleで全体の音を作って、Tightを12時を中心に微調整する感じが個人的にはいじりやすい印象でした。

 

BE-ODという名前にも関わらずかなり激しく歪みますね〜!さすがアンプのメーカーと言いますか、各ノブの変化幅がかなり大きく作られています。

いろんなサウンドに対応できるアンプライクなディストーションエフェクター。それがこのBE-ODであります!

これから弾いてみたい!気になるディストーション

さてさて、ここまでは弾いたエフェクターでこれは良い!というものをおすすめしてきましたが、、、ちょっと僕個人としてかなり気になっているエフェクターもあるわけです。

ただ、弾いたことがない。機会があればレビューして弾いてみたい。そんなエフェクターもご紹介していこうと思います。

Leqtique 10/10

leqtique-10-10-3.jpg

はい、こちら。Leqtiqueのハイゲインディストーション 10/10でございます。

もともと大好きなエフェクターだった9/9というエフェクターがさらにハイゲインになったディストーションエフェクター。

もともとの歪みの細かさはそのままに、さらにダークな感じで歪みます。

比較するとその歪みの違いがよくわかりますね。ちょっとファズ感が足されているという感じなんでしょうか?

好き嫌いはあるかと思いますが、僕はこの変化は良いと思います。9/9の時ってちょっと綺麗すぎてサウンドが前に出てこないと感じる時もあったんですよね。

今回の10/10くらいの変化があればライブで使いやすいんじゃないかなぁ・・・

320design Brown Feather

これも楽器屋さんで並んでいるのをみてかなり気になっていたんですよね・・・初期のヴァンヘイレンサウンドを再現すると噂のディストーションペダル。

Volume,Gainの他にWide,Narrowという2つのノブが付いていますねぇ。Narrowのノブは通常のエフェクターのToneノブと近いような印象ですね。

WideノブはPresenceノブに近いような感じでしょうか。

うむぅ、こういうブラウンサウンド非常に好きですね。。。

歪ませても音が潰れずに立っているのがわかります。ディストーションながら歪み方やピッキングの音の出方が非常に綺麗に感じますね。

歪みはまだまだ世界が広い

いや〜やっぱり書けば書くほどどれも特徴的で、甲乙がつけがたいのです。。。

しかも書いていたらめっちゃほしくなってしまうんですよね。笑 特にAngry Charlieなんかもうすぐに手元に欲しいです。マジで。

 

しかし、僕がまだ弾いたことのないエフェクターなんて無数にあります。現時点で新しいエフェクターだって生産されてきているはず。

そりゃいつまでも歪みエフェクターを探す旅は終わらないわけです。日々メーカーだって進化しているんですもんね。

別にその歪み探求の道をずっと歩いてもいいんですけどね。僕の記事が少しでもディストーション選びの手助けになると嬉しいなぁと思っています。

 - エフェクター選び , ,

掘り出しものをチェック!

僕は最近結構コメ兵でギターやエフェクターの掘り出しものを発見しています。

↓↓気になる方はチェックを!

コメ兵で掘り出し物のギター・エフェクターを見る

PAGE TOP