ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

名機といわれるBOSS Blues Driverを正直にレビュー!

      2017/03/22

bd-2-1

今回は結構思い切って、名器と言われているBOSSのBlues Driver(BD-2)をレビューします。というのも、正直音がチープな印象で、僕にとってはなかなかの使えないエフェクターでした・・・

もちろん使える場面もあるのですが、初心者の方にそのままおすすめするのは違うエフェクターな気がします。

ちなみにBD-2はこちら

正直僕にとってはかなり期待はずれのエフェクターでしたが、正直、買う意味はあります。

これすごく矛盾しているように思えますが、このサイトにいつも来ていただいている皆さんならわかると思います。そう、改造をしようということです。改造の方法に関してはこちらに記載しています。

BD-2をKeeley Modに改造しよう!

これでみるみるうちに使えるエフェクターになりました。ちなみに改造できない方はこちらの本家のエフェクターを買うのがおすすめです。

その3までありますけど、ぜひ見てみてください!僕の方でも依頼を受けたらやっていこうかなと思っていますけどね。笑

スポンサーリンク

BOSS / BD-2 評価・レビュー

初心者に激推しされているのはなぜ?なエフェクター、BD-2の評価は

とりあえずいつもの評価をしていきます。

歪みの大きさ ★★★★☆
操作性 ★★★★☆
ノイズの小ささ ★★☆☆☆
音作りの幅 ★★★☆☆
音質 ★★☆☆☆
価格 ★★★★☆
総合評価 ★★☆☆☆

あれ、評価悪くないじゃん、と思った方が多いのではないでしょうか。

そう、一般的な基準でいうと結構評価は高くなってしまうのです。これが初心者におすすめな理由の一つかも。

ドライブレンジは広めです。ディストーション近くまで歪んでくれるし、クリーントーンもしっかりとピッキングニュアンスを拾ってくれます。ノイズは少し大きめな気もしましたが、操作性は問題ありません。

ではどこが問題あるのか・・・そう、音質です。とにかく音がペラペラで高音が汚いです。単純に高音がよく出るエフェクターというわけではなくて、高音が暴れて悪さをしているようなエフェクターです。

特にJCやTwin Reverbなどで利用していた時に気になりました・・・もともとBOSS自体がチューブアンプ(マーシャルなど)で利用するためのエフェクターとして作られているのもありますが、ここまでアンプを選ぶエフェクターだと使いづらいように感じます。

先日後輩きが持ってきてくれたエフェクター、BOSSのPower Stackの方が10倍くらいマシな印象でした。

ミドルもしっかり出るし、音痩せもかなりマシでした。そもそもST-2の方が内部のパーツも良いし、音もマーシャルの音に近づけているので、“いわゆるよく聞く音”が簡単に出せるのはこちらかもしれません。

初心者にとってBOSSを買うならこっちの方がBD-2よりもだんぜんおすすめだとおもうけどなぁ・・・

BOSS BD-2のサウンドレビュー

はい、今回も音を聞いてみましょう!そろそろ音響揃えて自分で弾いた動画をアップしようかな・・・笑


さて、色々動画はあったんですが、一番音の感じが近そうなのが上の動画でした。他の動画はエフェクターというよりアンプやギターの音でかなりカバーされている部分がある印象です。

他の動画などももし見られるようであればわかると思いますが、どの人もドライブを上げたがりません。笑

僕自身利用していても、14時より回してしまうと「ジジ」という音が顕著にでてきてちょっと苦手です。

プレゼンスが出ているという言い方をすればそうなのかもしれませんが、それだけドライブの歪みは汚いという証拠なんだと思います。

ドライブレンジは広いのに、使える音となるとドライブノブは下の画像くらいまでが限界。もったいない・・・

bd-2-1

それに対してドライブを絞ったときのピッキングの反応の良さは嬉しいです。ギター本体でピッキングニュアンスを変えれるので、むしろ上級者向けのエフェクターなのかも。

歪みのニュアンスとしては「ジャリジャリ」「ザリザリ」というような表現が合っていると思います。それでもかなり中音域が削れているので、薄い音になってしまうのがもったいない。

なんかJCでもあっていないような気がするのは僕だけかなぁ・・・マーシャルとの相性はわるくないんですけど・・・

中をあけて見てみよう

さて、中はどんなになっているのでしょうか。まずは裏蓋をとってみました。

bd-2-3

すごいびっしり・・・笑

これはBOSSならではというか、この技術はすごいですよね。これは人の手では難しいなぁ。こんなにパーツも多く使っているのに音が悪くなるなんてもったいない・・・

さて、基板を覗いてみましょう。

bd-2-4

部品はやはりびっしりですね。

オレンジ色のセラミックコンデンサが目立ちますね。セラミックコンデンサは価格が安く、高音域を荒らす性質があると言われているので、もしかしたらこれが原因なのかな?単純にクリッピングダイオードの問題かもしれませんが。

こいつのせいで高音域は荒れている可能性もあるのでしょうか・・・

まとめ

初心者に勧めるエフェクターとしては少し悩みどころです。「マーシャルで絶対利用します!」というなら結構いいのかな?とも思うのですが、そういうわけにもいかないでしょうし。

でもたしかに、BD-2でしか作れない音やピッキングニュアンスはありそうな所が非常に惜しい・・・いろんなアーティストがMOD品を求めるのもわかりますね。

僕個人の意見としては、やはりBD-2の独特なドライブサウンドを表現に加えたいのであれば間違いなくMOD品を買うべきです。

それか僕みたいに改造をしてしまうか、はたまた改造を依頼していただくか。笑

 - エフェクター選び , , , ,

PAGE TOP