TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

Zendriveについて

      2016/01/01

Zendrive

今回はZendriveの音やノブの特徴、どんなエフェクターに似ているかなどを書いていきます。このZendriveに関しては日本に入ってきてもすぐになくなってしまったりするので要注意です。

スポンサーリンク

Zendriveについて

Zendriveとは

ZendriveはHermida Audio Technologyが開発した脱TS系などと言われるオーバードライブです。アメリカのロベンフォードが使用しているということで一躍有名になりました。

Hermida Audio Technologyのペダルは楽器店に行ったところで入手できる物ではなく、Hermida Audio Technologyに直接オーダーしてやっと手に入る代物だったようです。

しかもハンドメイドブランドなので一般的なエフェクター・ペダルの価格よりも高く、直接オーダーしても何ヶ月待ちが当たり前だったのですが、Hermida Audio Technologyと親交の深いLovepedalという有名なハンドメイドブランドがHermida Audio Technologyの世界的なディストリビューターとなった事でZendriveが楽器店でも手に入るようになりました。

私は最近知ったのですが、真空管を搭載したZendrive2やゲインアップのMODが施されたZendrive Goldというものもあるようです。

 

あまり真空管が好きではない私からすれば通常のZendriveの方が好みですが、Goldは気になりますね〜

Zendrive Goldについてもう少し調べてみました。

Zendriveの特徴

4つのノブについて

ZendriveではTone,Level,Gain,Voiceの4つのノブがあります。通常のオーバードライブではノブが3つしかないないものが多いのですが、このZendriveには通常のオーバードライブではあまり見かけないVoiceのノブがあります。
一つ一つどういう特性があるのか見てみましょう。

Toneノブ

Toneノブは少し効き幅は狭めです。少しこもった音からキンキンした音まで変化できますが、効きすぎる事はありません。もう少し効きが強くても良いのではないかという意見が多いのですが、私はこのくらいの効き目が好きです。Zendrive自体の個性を失わないような効き具合がちょうど良いと思います。大幅に変えたいときにVoiceのノブがあるので、ここはこのくらいの効きで十分です。

Levelノブ

Toneノブに対してLevelノブは効き幅は大きいです。非常に小さな音から大きな音まで変化させられるのはどんなエフェクターボードでも組み込む事のできる大きな利点となると考えられます。

Gainノブ

Gainノブは歪みを調節するノブですが、このZendriveはディストーションやそれこそShigemoriのruby stone
よりも歪みは少ないです。しかし、歪みが少ないながらもサスティンが結構効いているのでピッキングのニュアンスが非常によく出るエフェクターだと感じます。

Voiceノブ

さて、Zendrive最大の特徴と言われているVoiceのノブですが、こちらはハイミッドを中心にコントロールできるノブ
となっており、まわしていくと同時に少しずつ音量もあがっていきます。このノブがある事によって出せる音にかなりの幅を持たせる事ができるため、オーバードライブ個体として非常に使いやすいと感じると思います。

このノブとToneノブをフルテンにする事でキンキンした音も作り上げる事ができます。

Zendriveの音について

音そのもののレビューについてですが、Zendriveはミッドレンジが非常によくでます。

ローミッドが非常によく出るエフェクターであると覚えておいて間違いないでしょう。ToneやVoiceのノブをあげていったとしても前に出たミッドを守りつつノブでコントロールできる範囲を調整してくれます。

よく「ローが非常によく出る」と言われますが、ローは出過ぎても邪魔になる出方ではなく、音全体に安定感を与えるようなローの出方なので、悲観的に考える必要はなくむしろプラスに考えることができるでしょう。

アンプやギターとの相性ですが、個人的にはハムバッカーとの相性の方がシングルよりもやや合っている印象でした。ローミッドがよく出てきめ細かい歪みが特徴のエフェクターですので、レスポールなどのギターには合わせると太くて甘い音が出せます。このような音はいわゆるロベンフォードのような音と言われますね。アンプで言うとFenderのアンプが非常に合います。まぁローミッドが非常によくでる特性上、当然かもしれませんね。

名器として知られているこのエフェクター、店頭にならんでいたら迷わず試奏してみて損はないでしょう。
まだまだ数は少なく、店頭でも売り切れ続出しているエフェクターですが、見つけたらぜひ検討してみてください。

 

 - Zendrive , , ,