TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

昇圧してエフェクターのニュアンス変更!XoticのVoltage Doublerのススメ

   

Xotic エキゾチック 電圧コンバーター Voltage Doubler (XVD-1) 【国内正規品】

最近のことではないのですが、みなさんご存知、Xoticというエフェクターブランドから通常9Vのアダプターを18Vに昇圧させることのでき電圧コンバーターが発売されています。

他社からもコンバーターは販売されていますが、1スイッチで15Vと18Vを変更できるのもこのVoltage Doublerの強み。

結構使いどころも多いので、試したことない方には試してほしいと思っています。

スポンサーリンク

昇圧させてエフェクターのニュアンスを変更させる

15~18Vに昇圧できる電圧コンバーター Voltage Doubler

通常、エフェクターというのは9Vの駆動のものが多いですね。BOSSのエフェクターとかエレハモのエフェクターなんかもほとんどそう。

ただ、たまーに「9-18V」みたいな記載があるエフェクターもあります。それはつまり9V〜18Vの電圧でなら使っていいよということ。

EP Boosterもブースターでは定番中の定番ですが、9~18V出使えるようになっています。

この動画とか結構わかりやすいかも。

個人的にはEP Boosterは18V昇圧の方が好きです。9Vのままだ前段の歪みの倍音が削れてきてしまうイメージがあるんですよね。

使うときの注意点

昇圧すればいいというわけではない

まず、昇圧自体というのが全ていいというのは間違いです。昇圧しない方がローファイで少し好きな音になる場合もあります。それは好みの問題なので、自分で実際に弾いてみて確かめましょう。

 

18Vに未対応のエフェクターには使えません。

18Vに対応していないエフェクターには使えません。当然かもですが・・・

エフェクターを自作したことのある方ならわかるかもしれませんが、エフェクターの部品であるコンデンサやICなどには耐圧というものがあります。

エフェクターによっては耐圧が16Vの部品ばかり使っているものもありますので、それに18Vを流してしまうと故障の原因になります。

 

アダプターには9Vの安定したやつを。

コンバーターにつなげるアダプターは9Vのものでなくてはなりません。

それは先ほど説明した耐圧がこのコンバーターにもあるからです。

コンバーターを利用する場合にはこのBOSSのもののような9Vアダプターを使うのがおすすめです。

 

分岐はしない方が無難

よく、9Vのアダプターを複数のエフェクターに分岐している人がいますが、それをコンバーターでやるのは控えた方がいいでしょう。

もちろん、原理上は18Vが各エフェクターに供給されるのですが、電流不足に陥る可能性があります。

詳しくは述べませんが、まぁようするに18Vに昇圧したものを分岐するのは結構危険ということですね。

 - エフェクター選び , , ,