ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

サウンドハウスから激安ソルダーレスケーブルが登場!?本当に安い。

   

本日も”Tone Dive“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@effector_guitar)です。

みなさんはパッチケーブルは何を使っていますか?以前記事でも紹介したように、Free The Toneのソルダーレスケーブルなどは品質ももちろん、スペース的にもかなり嬉しいのが特徴ですが、結構高いんですよね・・・

どっかに安いのないかな〜と思っていると、あのサウンドハウスがオリジナルブランドで激安のソルダーレスケーブルを発表しました!これは見逃せない・・・!

スポンサーリンク

サウンドハウスのソルダーレスケーブルに注目!

コネクターはSL両方完備!

こちらはストレートタイプのコネクタ。見た目だけでは少しちゃっちい気がしますね・・・どうなんだろ。

こちらがLタイプのコネクタ。うーん、もう少しうまく写真が撮れなかったのか・・・とは思いますが、

こいつらたったの200円(税別)

なんです。いつものFree The Toneのコネクタの4~5分の1くらいなんです。かなり安い。これなら多少ちゃっちくても仕方ないですかね。

こちらがケーブル。サウンドハウスではコネクタ×2とケーブルが売られています。このケーブルもまた安くて

1mあたり80円(税別)

というこちらもめちゃくちゃな安さです。一本あたり作るのに最安値で480円か〜やっぱり安いですね・・・肝心の品質がめちゃくちゃ気になるところです。絶対買おう。

サウンドハウスのソルダーレスケーブル。その作り方は?

そうそう、ついでに作り方をご紹介。といっても作り方はめちゃくちゃ簡単なのです。サウンドハウスの言葉を引用すると

ソルダーレスケーブルの作り方
  1. マイナスネジを緩め、「SLC010」(別売)を奥まで差し込んでください。その時、ケーブルの断面ができるだけ円になるようにしてください。
  2. 奥まで差し込んだことを確認し、ネジをしっかり締めてください。

引用:http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/225817/

これだけ。かなり簡単ですよね。

基本的には他のソルダーレスケーブルと同じです。ネジで締めるだけでケーブルができてしまうという部分、それにケーブルが細いというところがかなり嬉しいです。もう少し早く発表してくださいよ・・・

一つ気をつけた方が良いかな〜と思うのが工具。ソルダーレスケーブルは結構しっかりとネジを締めなくてはならないので、下手なドライバーを使ってしまうとネジ穴が壊れてしまいます。

いい工具を使うのが大事ですね〜

まとめ:品質はどうなのか・・・?

やっぱり安い。めちゃくちゃ安い。けど、品質はどうなんでしょうか・・?

今まで結構Classic Proのパッチケーブルは自作してきましたが、あまり問題はありませんでした。だから今回も問題はないと信じたいと思っています。

あとは他のケーブルが挿さるかどうか・・・!これができれば最高ですね。また試したらブログにてご紹介しますね!

サウンドハウスのソルダーレスケーブルの詳細

 - シールドパッチケーブル自作 , , ,

PAGE TOP