TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

MXR Analog Chorus レビュー!今最も使いやすいコーラスかも!?

   

]
先日後輩が持っているコーラスが気になった。MXRのAnalog Chorusです。

MXRといえばMicroamp とか Carbon Copyとかが有名だと思っていたのですが、結構これがダークホースエフェクターでした。少し弾いてみた感想と含めてレビュー・評価をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

MXR Analog Chorus レビュー

すごく汎用性のある使いやすいコーラス

このコーラスの最大の魅力はLevelが調整できることです。

僕がいままで使った事があるコーラスではまずArionのステレオコーラス

やエレハモのSmall Cloneなんかがありますね。

こいつらはかなり定番のコーラスですが難点は音量調節ができないこと。特にArionのコーラスはOn時に少し音量がもちあがってしまうのでVolノブを増設するモディファイが人気だったりします。

それに対して今回のMXRのアナログコーラスはVolノブがついているので安心です。

また、その他にコーラスでは珍しいTrebleとBassの2つのEQノブが付いているというのも大きな特徴で、マーシャルでもJCでも、ディストーションでもオーバードライブでも合わせられる万能なコーラスと言えるでしょう。

ちょっと面白い比較動画を見つけました。

この動画では4つのコーラスで比較をしていますね。パッとみてもわかるように、やはりVolノブはめずらしい。EQが付いているのもMXRのもののみです。

音は、MXRのものが他の3種類よりもEQがある分柔軟性があり、アンサンブルが一番きれいに感じますね。

あとは、これは実際に弾いてみるとわかるのですが、原音はしっかりと残したまま味付けをするようなコーラスエフェクターですね。これは後ほど話します。

原音をしっかりと尊重したコーラス。

先ほど紹介した2種類のエフェクター、Small CloneとArionのコーラスは結構えぐいかけ方もできます。

文字で表現すると

びょわわわわ〜〜ん

というサウンドもだせます。

しかし、今回ご紹介しているMXRのアナログコーラスはそれに対して少し控えめにかかります。

動画をみればわかるように、一番えぐくかけても弦の音は残っているのがわかります。

実際、えぐいかけ方をして飛び道具のようにコーラスを利用するのであればSmall Cloneなどが必要になりますが、あまりそういう機会はないのではないでしょうか?

どちらかというと歪みの味付けに使ったり、クリーンに深みを付け加えるために浅めにかけることが多いので、実際のところMXRのアナログコーラスくらいまでかかれば十分利用できますね。

まとめ

おそらくですが、今定番のコーラスの中では最も使いやすくて利用の機会が多いエフェクターなのではないでしょうか。

Volノブが付く事によって単純なクリーンブースターのように利用することもできますし、ソロに厚みを持たせるためにクリーンブースター+薄めのコーラスというようなかけ方もできます。

また、2つのEQがかなり音の自由度を上げてくれるので、JC対策にももってこいでしょう。

ぜひ一度試してみてください!

 - エフェクター選び , , , ,