TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

EX-proから出ている32Volt Clean BoosterがあのEP Boosterよりも優秀らしい。

   

EX-Proから出ている32Volt Clean Boosterがかなり優秀らしい。

クリーンブースターと言えば何を思い浮かべるでしょうか。多分一番人気はEP BoosterやSuper Hard Onなんでしょうけど、個性があるこの2つよりも優秀と言われているのがこの32Volt Booster。

内部でなんと32Vまで昇圧しているのだとか。そんな事聞いたらもう弾いてみるしかないですよね・・・

スポンサーリンク

32Volt Clean Boosterが最強説!

正統系クリーンブースターが欲しい人は間違いないエフェクター。

ブースターというジャンルのエフェクターがあります。その中でもトレブルブースターとか、ベースブースターとかありますが、その一つとしてクリーンブースターがあります。フルレンジブースターとか言われたりもするかも。

クリーンブースターはその名前の通り、音に変化を付けずに音量だけを上げるエフェクターです。普通に使っているアンプの音量を10から20に一気に上げたりするのと同じような効果を得るために使います。

結局回路もシンプルになっていくので、各社で差をつけにくいというのが現状なんですよね。ゆえに「クリーンブースター」という名前を使って個性的なブースターを出す会社が多いのも実情。

たとえば一番人気のXoticのEP Booster

こいつは単純に音を上げるというよりは少し音の輪郭をはっきりさせる効果をもちます。内部のDIPスイッチでも音をいじれるし。

あと感じたこととして、歪みエフェクターの後段につなぐと倍音が少し抑えられるような感じがします。これはもしかしたら内部のパーツが金属皮膜抵抗だからかもしれないですが、状況に応じては少しマイナス点かもしれませんね。

 

自作品で人気のSuper Hard Onも個性的な効果を持っています。

バッファーやクリーンブースターとして音にパンチがでる印象があり僕は好きなのですが、少しゲインが加えられます。クリーンで使っても少しクランチ気味まで持って行ける音なので、これ一つで結構色々な使い方ができます。

しかし、ゲインが少しあがるという時点で少しクリーンブースターとしての役割からはみ出していますね。

 

この大人気の2大ブースターと比較して、僕が今回なぜ32Volt Boosterを推しているのか。それは音色へのマイナス変化が全くないからです。

EP Boosterの倍音が抑えられるという現象は、悪い言い方をすれば音がこもるという事と同義です。Super Hard Onもゲインがプラスされるということでノイズが入ってしまったりもします。

32Volt Clean Boosterでは多少の音の色づけはあれど、ノイズがエフェクターの音ぬけに関するマイナスな変化は全くありません。

評判も最高だし、2つのEQも魅力的。

32Volt Clean Boosterは内部で昇圧しているからか、単純に音に艶がでるような感じがします

ここが結構面白いポイントで、「ここまで素直に音を持ち上げるエフェクターはない」と言われるエフェクターなのに、実際弾いてみると明らかにノイズが減ったり、ダイナミックレンジが広がったりしています。

ここが高い評価の理由で、サウンドハウスでもほとんど満点。悪い評価は一つも見当りませんでした。

32volt-clean-2

 

実際にクリーンブースターとしては少し珍しい2バンドEQを採用しているのも高評価のポイントです。

クリーンブースターというのはかけると少しブーミーになりがちなのですが、2つのEQによって微調整ができるようになっています。JC利用するときにも、マーシャルを利用するときにも利用しやすいエフェクターですね。

まとめ

いかがでしょうか。

32Volt Clean Boosterはトリッキーな使い方はできないものの、他に類を見ないくらい高評価なエフェクターです。EX-Proは国産メーカーなので、日本の誇りですね。笑

他の歪みエフェクターで損なわれてしまったピッキングへの反応性や音ぬけなどの部分を改善してくれる、かなり良いエフェクターである事は間違いなく、これ以外にそのような効果のあるブースターはないかなと思います。

シンプルでかつ音を追求したい方はぜひお試しください!

 - エフェクター選び , , , ,