TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

超便利!gootの逆作用ピンセットTS-17が超優秀。

   

goot 逆作用ピンセット 大 TS-17

最近ハンダ付けにはなくてはならないピンセットを発見しました。その名もgootのTS-17です。

gootといえばハンダごてやハンダ吸い取り線など様々な安物工具でおすすめのメーカーですが、今回はそのなかでもTS-17を中心にご紹介して行きます。

スポンサーリンク

gootの製品がすごい!

逆作用ピンセット TS-17がおすすめな理由

gootのTS-17っていうのがこいつ。

いや、安いんですよね。

これを見つけたのが自作していたある日。

撚り線とかで作業していると形状記憶されないので、かなりハンダ付けがしにくい・・・なんかクリップみたいなものはないかなぁと考えていたときでした。

クリップでは挟めない

そう、大きすぎるんです。

それがこのgootのTS-17では完全に解決!!

初めは使い方が慣れないんですけど、意外とすぐに慣れます。笑

で、これの良いところにはほかにもあります。力をいれなくても物を挟んでくれるんです。

なかなかうまく説明できないけれど、おそらく買えばわかってくれます。笑

gootの絶対買うべきピンセット3選

ピンセットってしっかり揃えておくことが自作の効率を高める一つの近道です。

まずは先ほどから紹介しているgootのTS-17

まぁこれはさっきからご紹介していますね。

で、さらにこれよりも小さいサイズの逆作用ピンセットも販売されています。それがTS-16ですね。

小さいサイズだと大きなものが挟めないし、パワーも弱いのですが自作エフェクターの内部に利用するのに小さいサイズでないと対処出来ない場合もあります。

そんなときのためにTS-16を買っておくのがおすすめ。

で、逆作用ではないピンセットも持っておくのがおすすめです。それがTS-14ですね。

精密なピンセットがあればパーツの取り回しも簡単に出来ますね。

こんなのもあった!gootのベストバイ

自作エフェクターギター研究所が使って良かった、買ってよかったと思えるgootの製品を一挙にご紹介します。

まずはこて先クリーナーST-40です。

当ブログでも何回かご紹介していますが、これはこて先がさめないクリーナーとして大変重宝しています。

以前のスポンジ型では毎回使うときに水を入れなくてはならず、また利用すると少しこて先が冷えてしまうというデメリットがありましたが、それをすべて解決したこのST-40は確実に買いです。

また、ぼくはgootでハンダも使っています。0.8mmのものがおすすめ。

まぁコストパフォーマンスがいいですね。

たしかに良いハンダを求めるとどこまでもいけるのですが、gootのこのハンダで大抵の事はクリアできます。

量も多いですし、値段にも困らない。しかもしっかりと溶けてくれるので使いやすさも抜群です。

最後にご紹介するのはハンダ吸い取り線。

ハンダ吸い取り線で音が変わってしまう訳はありませんね。だったらコスパを一番に考えます。

でも、単純に安いのですと、周りのプラスチックが溶けちゃうんですよね。

これがこのgootのCP-20Yだったら先端の金属によって解決されます。

周りのプラスチックを気にせずにハンダの吸い取りが行えるのはこのコストパフォーマンスでは最高!

まとめ

ついついgootの製品について語ってしまいました・・・

Love goot。まぁ、機材を求めようと思えばいくらでもお金はかけられます。

しかし、こんな安くてしっかりと使って行ける商品を生み出すgootを見逃す手はないなぁとおもいますよ。

 - 初心者向け, 豆知識 , , , ,