TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

Warlus Audio Voyager をレビュー!KLONのコピー?いや、これは本物だ。

      2016/08/29

Walrus Audio ウォルラスオーディオ オーバードライブ ギターエフェクター VOYAGER

こんにちは!いつもTone Dive(@effector_guitar)をご覧いただきありがとうございます。

今回もWarlus Audioのレビュー特集です!今回はWarlus AudioのVoyagerですね。Mayflower と双璧をなすエフェクター、Voyagerのレビュー・評価をしていきます!

 

で、実機をたまたま触る機会があったのですが、これがまたすごい。びっくり。本家KLONをしっかりと弾いたことはないのですが、人気の理由がそこには詰まってますね。

スポンサーリンク

Warlus Audio Voyagerのレビュー・評価について

間違いなく本物の音。JC対策にもかなり便利。

最近本当に人気で・・・エフェクターの制作依頼もいただくことは多いのですが、残念ながら回路図は出回っておらず・・制作のチャンスが出来たらアナウンスしますね!

さて、早速音のレビューをしていきますが、まずJC対策として最適な音だと感じました。

JCいいですよね・・・本当に音はナチュラルなんですが、ライブで使うとやっぱり少し特徴的に感じてしまいますね。

ちなみにJC40という小さいサイズが自宅にはおすすめ。

 

さて、JC対策に良いという部分はMayflowerとの歪みの差の違いにあります。


こちらの動画はMayflowerとIron HorseとVoyagerの3つを比較レビューしてくれていますね。

ありがたや〜

さて、極端な表現をするとMayflowerは優しい音なイメージで、Voyagerは結構攻撃的な音の感じがあります。違う表現をするとVoyagerのほうが乾いたサウンドを持っています。

表現が難しい・・・ほんの少し半止めワウのような感じがするのがVoyagerですね。よくミドルが出ていてヴィンテージ音っぽくて感動。笑

ゲインの量はVoyagerのほうが上でよく歪みます。Toneは1トーン使用ですが、可変域は十分ですね。これこそアンプライクなペダルっていう感じなのでしょうか。

 

・・・正直、僕は結構この音にどハマりしました。笑

だってこんな感じに響くトーン聞いたことないんだもん・・・今まで作ってきた、もしくは弾いてきたエフェクターの中では異質でした。

久々にかなりどハマりしたなぁ・・・

MayflowerとVoyager併用がおすすめ!

本当に人気のこの2機種ですが、併用がかなり人気なようです。

まずはMayflowerを前段にクリーン~クランチくらいでセッティング。

その上にVoyagerでゲインをかます!この組み合わせが最高だと巷では有名です。

ちなみにMayflowerとよく似ていると噂のTimmy、それに似ていると言われているJan Rayとかではあまりこんな使い方ができません。

なんか少しハウリングを起こしてしまうんですよね。同じような音で、併用できるエフェクターはMayflowerの特徴といえるのではないでしょうか。

ちなみにMayflowerのレビューもしているのでひ一読お願いします!

まとめ:とにかく弾いてみてほしいエフェクター。

とにかく弾いてください!気に入ること間違いなし!たしかにKLONにも似ていますが、それとはまた違った音の印象を与えます。


僕はこのヴィンテージ?ダーティな感じはかなり好きなのですが、人の表現ってどうしてもあいまいです。

でもこれは・・・しばらく眺めたくなるくらいのエフェクターですな・・・

 - エフェクター選び , , , , ,