TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

PROVIDENCE VITALIZER FB VFB-1で音を良くしつつ原音をブースト!

   


ProvidenceのブースターといえばFinal Boosterですよね?いわゆるフルレンジブースターで、ブースト量をあげても音色にできる限り影響が出ないようになっています。

が、なんだか調べてみると少し進化しているみたい。

どうやら先日ご紹介したProvidence VITALIZER WV VZW-1と今までのFinal Boosterが組み合わさったモデルのよう。

スポンサーリンク

バッファー+ブースターというProvidenceの新提案

VITALIZER FB VFB-1で音質を改善しつつブーストしよう

VITALIZER FB VFB-1はProvidenceの大人気ブースターFBT-1と

原音重視のバッファーであるVITALIZER WV VZW-1とのコラボレーションペダルです。今回のエフェクターではエフェクトOFF時でもバッファーが効いている状態になります。

Providenceは相当このバッファーに自信があるんですね〜原音重視で自然な感じが売りですし、確かにエフェクト臭さはかなり抑えられています。

 

でも、このバッファーが真価を発揮するのはギターの直後。つまり、VITALIZER FB VFB-1はソロの単純な音量のブースターとしてというよりはゲインブースターとしての方が真価を発揮しそうですね。

まとめ:前段につなぐブースターとしてはかなり優秀そう。

僕の場合は全体のエフェクターの前と後に一つずつブースターを置くことが多いです。前段はゲインブースターのため、後段は音量のブーストのためですね。

いつもはEP Boosterを置いたりしていますが、こいつはエフェクトON時は必ず多少音量が上がってしまうので、主要なところでONにするのみなんですが、そうすると普段の音の音質改善に少し支障がでそう。

それに対して今回のVITALIZER FB VFB-1ではエフェクトOFF時でもバッファーが働いているので、これはかなり嬉しいポイント。

まぁ、、バッファーもブースターも・・・という風に買うのであれば絶対的に安い今回のブースターを選んだ方がお得な感じはしますね。

 - エフェクター選び , , , ,