TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

Hot Cakeを自作しようよ。今でも愛されている特殊系ディストーション

   

Crowther Audio Hotcake 3knob 並行輸入品

Hot Cakeは自作の王道かもね

こんにちは!いつもTone Dive(@effector_guitar)をご覧いただきありがとうございます。

さて、今回は題名にもあるように、Hot Cakeの自作についてご紹介していこうと思います!Hot Cakeといえば、自作を始めている人では多分知らない人はいないくらいの有名エフェクターですね。

ジャンルはディストーションなのですが、少し変わった音の特徴を持っているエフェクターですが、これが最強。と言わしめるくらいの素質を秘めているエフェクターなのでぜひ一度体験したい。

スポンサーリンク

Hot Cakeの自作についてご紹介します!

Hot Cakeにもいろんなバージョンがあるよ。

Hot Cakeには色々なバージョンがあるみたい。検索欄を見てみると「Hot Cake Old Circuit」と検索している人が多いこともわかりました。

で、調べてみたところ、スタンダード・オールドサーキット・3ノブタイプの3種類があるということがわかりました。(ブルーとかグレーのもあるらしいが・・・)

ということでこの上の3種類を中心に自作について語ってみる。

 

・・・あ、ちなみに、このHot Cakeをただのディストーションとかファズだと思って軽視していると火傷しますよ。この感じは他のエフェクターにはなかなかない音感です。

多分一度弾いてみないとわからないかも。

3種類の音の違いとその回路

Hot Cake オールドサーキット

こいつがぶっといサウンドを作り出すHot Cakeさんです。一般的にはストラトなどのハイがよく出るギター・アンプによく合いますね〜

回路をみてみましょう。

hot-cake-old-circuit

画像出典:http://effectslayouts.blogspot.jp/2015/05/crowther-audio-77-hot-cake.html

おそらく回路はこれかな?1977年のHot Cakeがオールドサーキットと言われているようで、ハイカットフィルターが2段階かませてあるという変わった仕様。

ちなみにスタンダードのハイカットフィルターは1段階で、2003年発売のモデルだそうです。

Hot Cake スタンダード

くううう・・・・回路が見当たらなかった・・・

でもどうやらハイカットフィルターが2段階から1段階になっているくらいの小さな変化のよう。もちろん数点定数が変化しているそうですが・・・

それだけの変化らしいのですが、こちらのエフェクターはハムバッカーに合うらしい。

それでも太い歪みには変わらないので、シングルコイルにも合うと思うなぁ・・・

Hot Cake 3ノブ

さて、最後のバージョンは3ノブタイプ。

hot-cake-3knob

画像出典:http://tagboardeffects.blogspot.jp/2012/02/crowther-hotcake.html

どうやらオールドサーキットのプレゼンススイッチをノブに変化させたらしい。ノブのほうが細かい調整ができるので嬉しいですね。

またストラトと合うという部分も良い。一番これがオーソドックスで使いやすいのかなぁ・・とか思ったりしますね。

3ノブHot Cake自作のための回路・材料の紹介!

ということで上で3種類ご紹介しましたが、その中で今回は3ノブ中心にみていくことにしましょう。

と・・・おっと??ここでようやく気がついた。HomemadeFXさんで3種類のレイアウトが紹介されているではないか・・・・

こちらね。

→Hot Cakeのレイアウト

もう・・・結構探しちゃったよ・・・

と気をとりなおして材料のご紹介へ。

抵抗

  • 1k 1つ
  • 10k 3つ
  • 100k 2つ
  • 1M 1つ
  • 82k 1つ
  • 220R 1つ

コンデンサ

  • 0.022μ 1つ
  • 0.056μ1つ
  • 0.082μ1つ
  • 0.01μ1つ
  • 220pμ1つ
  • 電解10μ 2つ

その他

  • 可変抵抗 50kA 2つ(Presence,Volume)
  • 可変抵抗 50kC 1つ(Gain)
  • IC TL071 1つ

以上かな?

かな〜りシンプルですね。

抵抗とかもすぐに集まりそう。

おまとめセットなんかでまとめて買って全て揃う感じですね。

 

コンデンサはやけに小さい値が多いですね。これは一つ一つ買ったほうがいいかも。そろそろ22系のコンデンサがなくなってきたからまとめて買いたいんだけどまとめて安く売ってくれるところないかな・・・

オペアンプはデュアルなら動きそう。TL071がぴったりなんでしょうね。

 

結構透明感のある音を出す印象のオペアンプです。とんがり感が欲しければ4558とかに変えても動くかなと思いますが、こういう歪みのエフェクターでは合わないかもしれませんね。

まとめ:やっぱり自作ッカーなら作っておきたい一品。

今回はHot Cakeの自作についてご紹介しました。

いやぁ・・・全パターン自作したくなるなぁ・・・ということで自作依頼を募集しています。このブログが活動を続ける限りは・・・笑

でもこのぶちぶち感とかたまらないですね。動画では歪ませた時の特徴しかよくわかりませんが、実際に弾くとクランチの時も結構太くなっているのがわかります。

ブースターとしての使い方も一つの手かな。

 - Hot Cake / Crowther Audio , , , , ,