TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

Hot Cakeレビュー!こんなにシングルPUと合うオーバードライブはないかも。

   

hotcake-main

シングルPUのギターをこんなに太く輝かせるエフェクターが・・・

こんにちは!いつもTone Dive(@effector_guitar)をご覧いただきありがとうございます。

今回はCrowther AudioのHot Cakeのレビュー・評価をしていきます。ジャンルとしてはオーバードライブともディストーションともファズとも言われますが、こんなに変化球のようなエフェクターは初めて。

変化球といっても使いにくいわけじゃない。これ、聞いたらわかるよ。

スポンサーリンク

Hot Cakeをレビュー・評価してみる

Hot Cakeの音はどうか。

一言でHot Cakeといっても実は製造された時期によって以下の3種類あります。

  • スタンダード
  • オールドサーキット
  • 3ノブタイプ

今一番オーソドックスなのは3ノブタイプかも。アマゾンで発見。

一般的な特徴としては下のような感じ。

  • オールドサーキット・・・シングルPUに合う。すこしブーミー
  • スタンダード・・・すこしすっきりしていてハムバッカーにも合う。
  • 3ノブタイプ・・・シングルに合う。

こんな感じ。とりあえず音を聞いてみましょう。

この動画は3ノブのものですね。Driveの可変域がかなり大きいです。やはりローが結構出るような印象ですね。Hot Cake全般に言えることなのですが、家のアンプで通す音とライブで実際のアンプで音出しをするのではかなり違いがでますね。

 

続いてこれはオールドサーキットかな。

動画の最後の方で全てフルテンにした時の音が聴けます。

このぶちぶちというような音もHot Cakeの特徴ですね。

Hot Cakeの良いところとその使い方

Hot Cake全般で言えることは、うまくハイがカットされるというところ。よってシングルPUなどとはめちゃくちゃ相性がいいです。いい感じに太さをプラスしてくれます。

もちろん、Driveをあげてソロなどに使うのもおすすめですが、一番はやはり歪みを抑えてブルージーな歪みとして使うのがベターだと思います。

 

すこし音を太くするためにブースターとして使うのもおすすめ。

ちなみにですが、なんとなく似た音としてMXRのDistortion+があると思います。

ただ可変域や使いやすさはHot Cakeの方が上手ですね。

まとめ:太さをプラスして”聴かせる”音に

ギターって音を前に出すためにハイを強くする人って結構います。(まぁ・・・僕もそのクチ。)

でもそれだけでは・・・という曲ももちろんある。だんだん年を重ねるにつれてその気持ちがわかってくるはず。笑

そんな時にHot Cakeの歪みってかなりいい役割をしてくれますよ!

 - エフェクター選び , , , ,