TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

抵抗のカラーコードについて。読み方を覚えましょう。

      2016/03/17

resistor

書こう書こうと思ってずっと書いていなかった記事です。毎回抵抗のカラーコードを忘れてしまうという方はブックマークしていただけると良いかも。

ちょっとしたことですが、しっかりと知っておきましょう!

スポンサーリンク

抵抗のカラーコードを読み取れるようになろう

カーボンコンポジット・カーボン抵抗(4本線)の場合

抵抗には4本線と5本線とあります。基本的にはカーボン抵抗は4本線、金属皮膜抵抗(メタルフィルム抵抗)は5本線が書いてあります。

まず一番使うであろう4本線のカーボン抵抗から。

色にはそれぞれ数値があることを知りましょう。以下の表を見てください。

数値 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

このように各色には数値がわりあてられています。

これをもとに実際の抵抗を見てみましょう。

resistor

一番右の1本(ここでは金色)が他の3本の線と少し離れているのがわかりますね。この一本だけ離れている線は誤差を表しています。

金色だと誤差は+-5以内だと言う意味。カーボン系の抵抗では大体金色なので、そこまでシビアに考えることはありません。

 

で、抵抗の値は誤差の線ではないほうから読みます。

つまり上の画像では左から読むので、それを数値に当てはめると、

赤・黒・赤 = 2・1・2

となります。あとはコンデンサと同じ読み方で、左から2つを普通にならべ、右の数値は10を何回かけるかという指標になります。

なので、この赤・黒・赤の場合は2100Ω=2.1KΩとなります。

 

ちょっと今は画像がないので、画像がそろい次第主要な抵抗をアップしておくようにします!

 

カーボン抵抗はまとめて買っておく性分なので、このようなカラーコードはもうパッと見てわかるようになりました。笑

金属皮膜抵抗(5本線)の場合

金属皮膜抵抗の場合も考え方は同じですので、表を再度おいておきます。ちなみに金属皮膜抵抗の場合は金色が加わります。

 

数値 0.01 0.1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

金属皮膜抵抗では誤差は茶色で表していて、+-1%程度だという意味を表しています。・・・・と、ここが問題。

下の画像を見てみましょう。

resistor_metal両端とも茶色・・・なので、パッと見ても抵抗値がわかりません。

 

金属皮膜抵抗のカラーコードでは基本的には端から3本目までで数値を決め、4本目で10を何回かけるかを指定します。

結果的にいうと、この抵抗は16.5Ωかな?金色は金属皮膜抵抗の場合は基本的には4番目にしかこないので、そこで判断しています。

しかし、

茶・黒・黒・赤・茶

の順だったらどうでしょう。

10KΩともよめるし、逆から読んで1.2KΩとも読めます。なので、僕は金属皮膜抵抗を使う時には必ずテスターを用意するようにしています。

1○○のような抵抗でなければ基本的に迷うことはないのですが、念のためテスターは用意しておきましょう。

 

ちなみに、もちろんカーボン抵抗でもあるのですが、金属皮膜抵抗では金と銀が出現する事が多いです。

表にも書きましたが、金=0.1で銀=0.01です。

例えば金属皮膜抵抗で1Ωを表現する場合は

茶・黒・黒・銀・茶

等となります。

金属皮膜抵抗もテスターと一緒にまとめて買っておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

表があるとなにかと便利なので、覚えておいて損はないです。特に47系や22系はかなり良く使いますので、使って行くとすぐに覚える事ができます。

慣れるまでの辛抱ですが、慣れてくると楽しいですよ!

 - 初心者向け, 豆知識 , , ,