TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

Tone Diveの撮影機材をご紹介!最近カメラにはまっています。

   

tonedive-camera4

こんにちは!いつもTone Diveをありがとうございます。

今回は僕の最近ハマっているカメラたちを・・・!ご紹介していきたいと思います。

ブログには本当に欠かせないんですよね・・・でもそこまでお金をかけているわけではありません。安くてもいい機材で写真はよく見えるもんです。にわかかもしれませんが・・・

スポンサーリンク

最近カメラにハマってきているTone Dive管理人の機材を紹介

本体はEOS kiss

さてさて、早速本体の話ですが、僕はEOS Kissを使っています。

今はX4を使っていますが、X7欲しいなぁ・・・こっちのほうが軽くて、そして値段も今になって考えるとかなり安いしね。軽さって結構大事です。

 

ちなみに5Dも一時期使っていました。

僕が使っていたのは一世代前の機材ですが、その時はちょっと撮影しにくかったなぁ・・・本格的な方であればいいかもしれませんが、僕のようにあまり写真が得意じゃない方はエントリーモデルのほうがいいかも。

使いまくっているレンズたち。

一眼レフと言えばレンズが大事。一番使っているのがこいつ。

tonedive-camera3

これ最強。

というのも、望遠側でも広角側でもF2.8(ボケて明るい感じ)に撮れるという優れもの。すこし重いのがたまに傷ですが、これ一本で普段使いは十分です。

 

で、エフェクターの外観を撮るならこのレンズがおすすめ。

tonedive-camera2

CanonのEF40mm F2.8です。

これは軽いのもいいんですが、やっぱり単焦点だからか物撮りにはかなり向いています。なんかくっきりふんわりで、色味もすごいいい気がします。

そして値段が安い!

お金がないバンドマンには大助かりです・・・笑

 

最後にこのマクロレンズ。

tonedive-camera1

エフェクターの自作とかだと細かい部分写したいのでマクロレンズとかも念のため持っています。しかもなぜかこれが一番高い。笑

でもマクロレンズでこれだけ近づければかなり便利。オートフォーカスも早くて、手ブレも補正もかなり素晴らしい。

Amazonでも評価がかなり高いので、遠回りせずに是非こちらを・・・!

まとめ:カメラってお金かかるけど本当に楽しい・・・

そうそう、確かにお金はかかるんです。でもブログ運営に画像は欠かせない。

画像のない記事とか僕読みたくないもん。笑

特に自作系の記事だとどうしたいとか、塗装とかも方法がしっかりと画像で説明されていないとわかりませんからね。これでもかなり努力しているんです・・・・

是非みなさんもカメラを手にしてみてくださいね!

 - その他色々 , , ,