ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

エリクサーの弦から新たなラインナップ!「OPTIWEB」が登場!

   

optiweb-1

本日も”Tone Dive“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@effector_guitar)です。

エリクサーから、2017年3月1日に新たなラインナップが登場します。その名も「OPTIWEB」

今までの「NANOWEB」や「POLYWEB」を進化させたようなバージョンで、かなり僕の注目度は高いです!実際どうなんでしょう!

スポンサーリンク

エリクサーの弦が進化!

プレーン弦のような自然な弾き心地をエリクサーで。

以前記事でも書いたように、僕は今はすべて弦をエリクサーに変更しています。

確かにPOLYWEBやNANOWEBだと独特な音はするように感じるものの、それでも普通の弦に引けを取らないクオリティの音がだせ、さらには長寿命なのがやはり僕の心にはグッときます。

今回のOPTIWEBはどうなんだろう。

価格としては少しだけNANOWEBやPOLYWEBよりも高いイメージでしょうか。

説明を見てみると下記のような記載がありました。

■コーティッドワウンド弦
エリクサーコーティッドワウンド弦には3種類のコーティングがあります。
どれも同じ様に長寿命ですが、音質と感触に違いがあります。

●超極薄ナノウェブコーティングを施したエリクサーは…
・コーティング無しの弦の様なブライトで迫力のあるサウンド。
・程良く押さえられたフィンガーノイズ。

●オリジナルのポリウェブコーティングを施したエリクサーは…
・上品でバランスの良い落ち着いたサウンド。
・耳障りなフィンガーノイズが極めて小さく押さえられたスムーズな弾き心地。

●革新的なオプティウェブコーティングを施したエリクサーは…
・ノンコーティングプレミアム弦の様なクリスピーサウンド
・自然な感触とグリップ感

引用:https://www.amazon.co.jp

OPTIWEBのところに説明がある、「自然なサウンドとグリップ感」ってどんな感じなんだろう・・・

実際にはまだ発売されていないので、僕は触っていませんが、今までコーティング弦独特のタッチングや音を苦手としてきた方にとってはちょうど良い弦なのかもしれません。

ちなみに太さのラインナップは

  • Super Light(.009~.042)
  • Custom Light(.009~.046)
  • Light(.010~.046)
  • Light/Heavy(.010~.052)
  • Medium(.011~.049)

の5種類。十分なラインナップですね。

 - ギター弦 , ,

PAGE TOP