TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

AdsenseでAmazon 楽天の広告をブロックする方法

   

amazon-rakuten-block4

ブログの運営上、Adsenseとかの広告は入れているでしょう。多少でも収益がないとブログのモチベーションにも繋がらないですからね・・・

で、広告といえばGoogle Adsenseなのですが、Amazon、楽天の広告も同時に運用しているとAdsenseにもAmazonや楽天が表示されるので少し収益減かも・・・?

ということで今回はAdsenseにAmazonや楽天の広告が表示されないようにブロックする方法をお教えします。

スポンサーリンク

AdsenseでAmazonや楽天の広告をブロックしよう。

Adsenseの管理画面からどうぞ。

でもブロックするのは結構簡単。

amazon-rakuten-block3

さてまずはAdsenseの「広告の許可とブロック」のメニューから。

この空欄の部分にアマゾンと楽天のURLを記入し、一つずつブロックしていきます。

amazon-rakuten-block2

ブロックするとこんな感じになるはず。

URLはアマゾンであれば「www.amazon.co.jp/」楽天であれば「www.rakuten.co.jp/」と記入すれば大丈夫そうですね。

Criteoもブロックしておいたほうが吉。

 

さて、それだけでは少し足りず・・・CriteoというGoogleと契約しているネットワークがAmazonと楽天のアフィを出してしまいます。

なので、Criteo もブロックしてしまいましょう!

amazon-rakuten-block1

「広告の許可とブロック」のサブメニュー、「広告ネットワーク」からCriteoを検索すると出るわ出るわ・・・

これ全部ブロックしちゃいましょう!

 

これでブロックは完了なのですが、「Googleが新しく設定した広告ネットワークを自動的に許可する」にチェックが入っているとたまに新しいCriteoのネットワークが入ってくるらしい・・・

ということでたまにチェックするのが大事そうですね。

まとめ

広告のブロックは適切にやる分には大事です。特にAmazonと楽天の広告のブロックは結構大事なんだとか。

ただ・・・僕のブログのようにもともとクリック単価の高い広告が排出されないブログではあまり効果がないような・・・一ヶ月ずつでテストとかしてみて適切なものを試してみるといいと思いますよ!

 - ブログ運営 , , , ,