TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

一生使えるカポタストのオススメを徹底調査!

   

shubb-capo

みなさん、カポタスト(通称 カポ)はなにを使っていますか?ギターをやって行く上で欠かせない存在となるカポタストですが、最終的にどのようなものを買っていいのか迷いますよね。

今回は僕が個人的にかなりおすすめしているカポタストをご紹介します。

それぞれどんなものがあって、その中でもメリット、デメリットなども踏まえつつ徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

本当におすすめのカポの選び方

そもそもカポタストとは

カポタストの存在自体は知っている方が多いとは思いますので、ざっくりと説明します。

カポタストとは、通常のローポジションでの抑え方を変更せずに移調できるギター器具のことを言います。カポでしか得られない響きなどもあります。

初心者が簡単に弾くための器具では決してないので、バカにはしないように・・・

 

で、カポには色々なものがあって、ワンタッチで装着できるものからきつく縛るものなどそれぞれ利点・欠点を紹介していきたいと思います。

一番おすすめのカポはSHUBBのカポタスト

一番のおすすめはSHUBBのカポタストです。

カポのその他の種類についてはご紹介しますが、まずは一番のおすすめをご紹介。

このカポの良いところはワンタッチで装着出来る部分です。

もちろん、ワンタッチで装着出来るカポはバネ式というものがあるのですが、それだと数年でバネが弱くなってしまいます。それがこのSHUBBのカポであれば問題はありません。

shubb-capo

装着するとこのような感じ。装着のしかたは説明しづらいので、実際に一度試してもらうのがおすすめ。

こいつが確実に間違いないカポタストです。

その他のカポタストについて

バネ式カポタスト

バネ式はワンタッチで装着出来る部分が魅力的。

先ほどご紹介したShubbよりも簡単に装着できるので、ライブなどではかなり重宝します。しかし、バネがかなり強くて女性だとなかなか大変だったり、ネックの薄いエレキだと少しびびりやすいなどの欠点も多いです。

数年たつとバネが弱くなってきますので、あまりおすすめはしません。

ネジ式カポタスト

ネジ式のモノは取り替えが面倒ですが、きつさを調整出来る事が大きなメリットです。

ネジを回す事によってしまっていくので、ネックの太さに左右される事はありません。装着に数秒必要ですが、それでもがっちりと装着出来るというメリットは大きいかなと思います。

アコースティック用と書いてありますが、エレキでも使用可能です。

ベルト式カポタスト

ベルトで巻くタイプのカポタストです。

装着時が結構大変ですし、利便性もよくありません。唯一のメリットとしては金額でしょうか。金額は他に比べて確かに安いですが、あまりおすすめはしません。

特殊なカポタスト

Spider Capoという特殊なカポを最後にご紹介しておきます。

カポとは全体を上に移調するようなものだったのですが、このSpider Capoは各弦を移調するか個別に設定できます。

独特な響きを求めている方などはかなり重宝するかもしれない。気になりますね〜

まとめ

いかがでしょうか。僕としてのおすすめはやはりShubbですね。

こいつは本当に長い月日がたってもいつまでも利用出来る便利なやつです。ぜひ一度お試しを・・・

ちなみにカポでは上に移調しますが、下に移調させるような場合はダウンチューニングするのに時間がかかりますよね・・・?そんな時には下のエフェクターが便利です。

合わせていかがでしょうか。

 - その他音楽関係, 初心者向け, 豆知識 , , , ,