TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

MXR Phase 95が発売!45と90を1タッチで切り替え可能!

   

MXR M290 PHASE95 フェイザー エフェクター

本日も”Tone Dive“をご覧いただきありがとうございます。管理人のけーすけ(@effector_guitar)です。

最近MXRってすごいたくさん製品出していますよね。いや僕が知らなかっただけなのかな。

今回注目したのはPhase 95というフェイザー。

こちら。なんとPhase 90とPhase 45の音をワンタッチで切り替えられるみたいなんです!すごい・・・

スポンサーリンク

Phase 90とPhase 45の音をワンタッチで切り替えられる

フェイザーならもうPhase 95で十分?

今回のMXRのフェイザーは結構いうことなしのエフェクターです。

mxr-phase-95

まずコンパクトさ

小ささがみてとれます。多分Xoticのコンパクトエフェクターと同じくらいの大きさでは?

多分機能を詰め込みすぎてLEDを置く場所がなくなったんでしょうね。スイッチのしたのところについています。

 

お次は音の幅広さ。

先ほども言いましたが、Phase 90とPhase 45の2つのサウンドが出せる上にScriptスイッチというものがついています。

これでフィードバック(音の派手さみたいなものです。)を調節できるようになりました。ScriptスイッチをOnにするとフィードバックが抑えられます。

フェイザーだとフィードバックが強すぎてハウることが多くなりますので、それを防ぐのに便利ですね。

この動画だとサウンドの違いとかフィードバックがどうなのかもわかるんじゃないでしょうか。

Phase45のサウンドの時は左のLEDが赤く光り、Phase90のサウンドの時は左のLEDが青く光ります。LEDの色でサウンドの変化がわかるのでライブでくらい時にもわかるのがいいですね。

歪みではこちらの方がわかりやすいかも。フィードバックというものがなんなのか僕はあまりわかりませんでしたが、なんとなくこの動画でわかるかなぁ

まとめ

結構いいフェイザーが出ちゃった。最近はチップ抵抗とかの超小さなパーツが生産できるようになっているので、エフェクターもコンパクト化が進んでいます。

先日もSonic Stompがコンパクト化されていましたね。

今回のようにコンパクト化されて多機能になっちゃうといままでのエフェクターの存在勝ちがなくなってきちゃうなぁ・・・

エフェクターもどんどん進化していきますね。

 - 新しいエフェクター , , , , ,