TONE DIVE | 自作エフェクター・ギター研究所

ギター・エフェクターの自作、レビュー等の情報発信ブログ

KLON CENTAUR週間ランキング

KLON CENTAURについて

      2016/12/08

KLON / CENTAUR SILVER No Picture / クローン

今回はエフェクターの伝説的立ち位置にもあるディストーションのKLON CENTAURについて、その音の評価などを解説していきます。

スポンサーリンク

KLON CENTAURとは

KLON CENTAURとはどういうものなのか

KLON CENTAUR自体は自作を始めてから存在を知りました。調べてみると、B’zの松本さんやCharなど、日本の最強ギタリスト2人が使っているようです。(charは現在は自身が監修したHizMaxというエフェクターを使っています。)

音に関しては詳しくは後で述べますが、バッファ回路が入っていて、バイパス音も含めて最強のエフェクターなんだそうです。きになったので、デジマートさんで価格を見てみました。

KLON CENTAUR価格

・・・・もはや高いとかのレベルではありません。信じる事ができない破格です。僕だったら絶対に買いませんね。というか買えません。元々8万円くらいのエフェクターだったそうなのですが、現在は廃盤となってしまっているのと、その人気から爆発的な価格設定になっています。また、世代によって音が多少変わるようで、この画像のような初期のものは大変なプレミアがついています。回路が出回っている以上、僕なら絶対に自作します。

しかし、このKLON CENTAURは自作が難しい事が最大の難点となっています。ICが2つもついているし、バッファ回路もついているし、ICが2つもついているし、、、基板も大変な大きさになります。初心者はまず敬遠したほうがよいと思います。

KLON CENTAURの音について

ではそんなにプレミアがついているKLON CENTAURとはどういう音をしているのか。一番音がしっかりとわかりそうな動画をピックアップしました。

ディストーションとオーバードライブの中間に位置するような特殊な歪みですね。歪みすぎないのが個人的には大好きです。ミッドレンジがかなり太く出ていますね。音全体としてはかなり太いミッドよりの音なので、シングルコイルのストラトなどとは相性が良いです。

エレクトリックハーモニクスからこのCENTAURのコピーが出たという事で、ちょっと探してみました。→Electro harmonix / Soul Food オーバードライブ

・・・やすっ

 

音もほとんど変わりません。裏蓋をあけるとバッファバイパスかトゥルーバイパスか選べるような特典もついています。

しかしコピーはコピー、やはり本物と比べると正確が少し違います。やはり本物のほうがミッドレンジが太い感じがします。中身で言えばクリッピングダイオードがエレハモのsoul foodの場合普通のダイオードですが、本物はゲルマニウムダイオードを使っています。そこの差なのでしょうか。

しかし、こんな貴重なエフェクターはどうせなら自作したくなりますね。。。

 - KLON CENTAUR , , ,